AGAの症状・原因を理解して薄毛の進行を防ぐ!

「生え際が薄くなってきた」「頭頂部にボリュームがなくなってきた」などはAGAの初期症状かもしれません。AGAは早期に発見し早期に治療することで効果のある対応が行えます。早期発見のためにAGAの症状・原因を理解しておきましょう。

*

20代や30代前半の若い年齢で発生する脱毛症

   

若い年齢で発生するストレスによる薄毛

若年性脱毛症とは、20代や30代前半の若い年齢で発生する脱毛症のことを指し、ストレス性脱毛症やAGAも若年性脱毛症の1つとして考えられるケースもあります。

AGAは本来は40代から発生する症状とされていて、その年齢よりも前に起きるAGAを若年性としているわけです。年齢的にも肉体的にも老化が始まっていない年齢でありながら毛母細胞が正常な毛髪サイクルを維持できなくなり、額の生え際や頭頂部の髪の毛が細くなったり抜けたりといった症状が起き、徐々に薄毛が目立つようになるのが若年性脱毛症の特徴です。

全体的に薄毛になるというよりも、一部分に集中して髪の毛が薄くなってしまうことが多いです。若い男性に多いですが、女性でも起こる可能性はあります。

プレッシャーや周囲の雑音によって起こる心理的にくる薄毛

原因として考えられるのは、ストレスによる薄毛です。若い年代では仕事へのプレッシャーや周囲からの雑音等によって心理的なダメージを受けてしまい、心身ともに髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうことが多いです。

そのため、ストレスが解消されることにより、薄毛の症状も改善されていきます。また、ストレス以外には喫煙と飲酒が深く関係しています。これらは血管への悪影響が大きく、血の巡りを悪化させてしまう為、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまいます。

酷くなると気管支炎や喘息・肺がん等の症状を引き起こしてしまうこともあります。血管の収縮に繋がるタバコとお酒は体や髪の毛に悪い影響を与えてしまうので、控えましょう。

若年性脱毛症を改善するのに一番重要なのは、普段の生活を見直すことです。喫煙や食事はできる限り抑えるようにして、食事に気を配ることや質のいい睡眠をとることを心がけましょう。

ストレスや生活習慣の乱れは、自分で解決するしかありません。普段の生活を見直した上で、さらに大きな効果を得たいという場合には、育毛剤やサプリメントを使用するのも有効です。

このように、若年性脱毛症の症状が見られた場合には、手遅れになる前に早い段階で生活習慣の見直しや育毛剤の使用といった方法で対策をするのが大切であると言えます。